業界・職種別の転職エージェント

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントと選び方

動画クリエイター転職エージェント

動画クリエイターにおすすめの転職エージェントを探していませんか?

この記事では、「憧れの大手企業やベンチャー企業で動画クリエイターとして仕事がしたい。」「未経験から動画クリエイターになりたい。」といった方向けにおすすめの転職エージェントをご紹介しています。

動画クリエイターになりたい方は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントの選び方

動画クリエイターとしてキャリアアップ転職もしくは未経験から動画クリエイターへ転職を考えている人は、まず転職エージェントへの登録が必須です。

転職エージェントに登録すると、あなたが希望する動画クリエイターの求人を希望年収・条件で紹介してもらえるだけではなく、企業の応募、面接日程調整、年収交渉、入社の手続きといった面倒な業務をすべて代行してくれますので必ず転職エージェントに登録して利用した方が転職を効率的に進めていくことが可能です。

自分一人で転職サイトを使って動画クリエイター求人に応募するのでは、本当にその求人があなたに合っているかどうかわかりませんが、転職エージェントでは応募求人ごとに精査してくれて、あなたが転職した後に活躍できるかどうかという観点からもアドバイスしてくれるので納得のいく転職ができます。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェント3選

上場企業から外資系企業、ベンチャー企業まで幅広く動画クリエイターの求人を取り扱っており、転職成功実績の多い転職エージェントは以下になります。

転職エージェントによってキャリアアドバイザーの質・提案力、紹介してもらえる動画クリエイター求人は異なりますので3社すべてに登録して転職を成功させましょう。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントNo.1:ワークポート

ワークポート 動画クリエイター

【公式】https://www.workport.co.jp/

  • 転職決定人数No.1。50万人が選んだ転職エージェント
  • 未経験OK求人も保有している
  • 独自の転職支援ツール「eコンシェル」が無料で利用できる

ワークポートはIT業界への転職に強く、転職エージェントとしてきめ細かな対応で実績50万人です。

キャリアアップ転職だけではなく、未経験からの転職支援を得意としているので、未経験から動画クリエイターになりたい方にもおすすめです。担当のキャリアアドバイザーとのキャリア面談を行い、本当にあなたにとって価値のある求人のみ提案してくれます。

動画クリエイター求人の提案幅が広いので、自分で転職先の求人を探すよりも効率的で理想の企業に出会える確率が高くなります。動画クリエイターとして転職を検討している方は登録必須です。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントNo.1:リクルートエージェント

リクルートエージェント 動画クリエイター

【公式】https://www.r-agent.com/

  • 転職支援実績No.1
  • 厳選非公開求人が20万件以上
  • 様々な業界・職種の転職支援に対応している

リクルートエージェントは厳選非公開求人20万件以上を取り扱っていています。リクルートエージェントでは気になる求人があれば転職支援サービスに登録後、キャリアアドバイザーが紹介してくれます。

サイトに掲載されていない動画クリエイターの非公開求人も多数保有しており、秘書に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職のプロとしてあなたの転職を無料でサポート。

転職成功実績No.1の実力派ですので、どの転職エージェントに登録すれば良いのかわからない場合はリクルートエージェントに登録しておくのをおすすめします。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントNo.3:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター 動画クリエイター

【公式】https://mynavi-creator.jp/

  • Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーがサポート
  • 業界トップクラスの保有求人数
  • 東京都近郊の求人に強み

マイナビクリエイターはWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

東京に拠点を展開する有名ソーシャルゲーム会社の動画クリエイター・映像クリエイターの求人を多数取り扱っているのでおすすめです。

業界経験がないと求人を紹介してもらえないこともありますので、1都3県にお住みで、クリエイティブ職の経験があってスキルに自信のある方のみ登録しておきましょう。

動画クリエイターが転職エージェントを使う際に注意すべきポイント6つ

利用する転職エージェントが決まった後は、転職エージェントの転職支援サービスに登録していくわけですが、転職エージェントを転職活動の味方につけて最大限上手に活用するためのポイントを必ず事前にチェックしてみてください。

注意ポイント

  • 転職支援サービス登録後、早めにキャリア面談の予約をする
  • 経歴・キャリア・スキルに嘘をつかない
  • キャリア面談後も2週間に1回は進捗確認をする
  • 自分自身の転職市場価値を把握しておく
  • 推薦文を必ず確認する
  • 転職エージェントの言葉を全て鵜呑みにしない

1.転職支援サービス登録後、早めにキャリア面談の予約をする

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、一人で何十人もの求職者の転職支援をしているので基本的に忙しいです。

求職者であるあなた自身も積極的にアピールしていかないと「この人は今すぐ転職する気はないな...」と思われてしまい転職サポートが後回しになってしまいます。

転職支援サービスに登録後、電話かメールでキャリア面談に関する案内がきますので早めにキャリア面談の予約を行いましょう。

2.経歴・キャリア・スキルに嘘をつかない

職務経歴書・履歴書はもちろん、キャリアアドバイザーとの面談では経歴・キャリア・スキルにおいて嘘をついたり、話を大げさに盛らないようにしましょう。

キャリアアドバイザーは、求職者の要望を最大限考慮して求人を紹介してくれるわけですが、自分を大きく見せようと面談時に嘘をついてしまった結果、言ったことと実際の実力・スキルがかけ離れているとキャリアアドバイザーや求人企業からの信頼を失ってしまいます。

ココに注意

転職成功ができたとしても、「面接時に話していたことと全然違うし、能力・スキルが思った以上に低い...。」と思われてしまい、実力・スキルが伴わないことにより職場に居づらくなってしまう可能性もあります。

3.キャリア面談後も2週間に1回は進捗確認をする

求職者に転職意思がある場合、キャリア面談後にいくつか求人を紹介してくれますが、応募したい求人が見つからずに2~3週間経ってしまうと、次第にキャリアアドバイザーから求人紹介の連絡はなくなってしまいます。転職希望者は転職エージェントに続々と登録してくるため、新しく登録してきた方(今すぐに転職を考えている方)のサポートに回ってしまうからです。

ココに注意

連絡がなくならないように、2週間に1回は自分の方からもメールで構わないので進捗確認をするようにしましょう。進捗確認と合わせて、求人の希望も再度伝えておくとスムーズに求人紹介してくれます。

進捗確認のメール文面例

株式会社〇〇
〇〇様

いつもお世話になっております。
〇〇です。

先日は面談ありがとうございました。

ご紹介ができそうな求人はありましたでしょうか。
具体的には〇〇業界で、〇〇職種の求人を紹介してもらえると幸いです。

よろしくお願いいたします。

4.自分自身の転職市場価値を把握しておく

あまりにも自分の実力以上のポジション・年収・待遇で求人を希望している場合も求人を紹介してもらえない傾向にあります。

キャリアアドバイザーとの面談を行えば、客観的にあなたの転職市場価値を判断してくれますが、自分自身でも転職市場価値を把握しておくことが重要です。

気軽に無料で自己診断を行えるツールとして、リクナビNEXTの『グッドポイント診断』と『ミイダス』がありますので「自分の転職市場価値を知りたい方」は一度診断してみてください。

あなたの転職市場価値を診断するツール

あなたの転職市場価値をリアルに診断してくれるツールですので、結果をきちんと受け止めて転職活動していきましょう。

5.推薦文を必ず確認する

企業に求人応募する際に、ほとんどの場合キャリアアドバイザーが応募企業に対して推薦文を書きますが、自分の目で必ず確認するようにしてください。最悪なキャリアアドバイザーだと、経歴をそのまま写すだけのひどいパターンもありますので注意が必要です。

6.転職エージェントの言葉を全て鵜呑みにしない

最後にですが、転職エージェントの言葉を全て鵜呑みにしないようにしましょう。

転職エージェントが提供してくれる情報は基本的に正しいですが、納得のいく転職をするためにも、応募する企業が決まったらその企業の情報・業績・職場環境・年収/給料制度・評判・口コミを自分でも調べるクセを付けておくことをおすすめします。

転職口コミサイトの「Vorkers」では、社員・元社員から集められた信憑性の高い企業の「年収・待遇」「職場環境」「組織体制」「給与制度」「退社理由」といった評価・口コミ・レビューが掲載されているので、応募する企業の情報収集には最適です。

動画クリエイターにおすすめ転職エージェントまとめ

動画クリエイターとして転職を考えている人はこの記事でご紹介している転職エージェント3社に登録してキャリア面談すれば、あなたが今後どのような流れで転職を進めていけばいいのかがわかります。

また、あなたの市場価値を把握することができて、今よりも年収アップできるのかどうかもわかります。

今すぐに転職する・しないに関わらず、まずは気軽に転職エージェントへ相談してみましょう。

転職エージェントの教科書では、あなたが動画クリエイターとして活躍できるのを陰ながら応援しています。

人気記事

1

当サイト「転職エージェントの教科書」では、転職成功実績者数が多い転職エージェントの特徴や評判・口コミを徹底分析して、おすすめの転職エージェントを目的別にご紹介しています。 転職エージェントはすべて無料 ...

2

「20代で転職を考えているけれども、どの転職エージェントがおすすめなの?本当に転職できるの?」と悩んでいませんか? この記事では、20代向け転職エージェントを解説しているので、あなたの転職目的や年収に ...

3

「30代はどの転職エージェントがおすすめなの?30代だけど本当に転職できるのかなー。」と悩んでいませんか? この記事では、30代におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、30代の転職に転職エー ...

4

「女性のキャリアを一緒に真剣になって考えてくれる転職エージェントはどこなの?」「今後の女性のライフイベントを考慮した上で、キャリア相談できる転職エージェントを知りたい。」と悩んでいませんか? 転職時に ...

-業界・職種別の転職エージェント

Copyright© 転職エージェントの教科書 , 2020 All Rights Reserved.