転職エージェント

退職するまで3つの流れ|希望の条件で退職するための簡単マニュアル

  • 退職しようかどうか悩んでいる。
  • 退職したいけど今後の進路がまだ決まっていない。
  • 退職すべきかどうか誰かに相談したい。退職の流れを知りたい。

といったことで悩んでいませんか?

「退職」するかどうかは、あなたの今後の人生において重要な決断となります。

そのため次の転職先が決まっていないまま安易な気持ちで退職という決断はリスク伴うので注意が必要です。最悪のケースだと長期間無職になってしまいますので、次の転職先が決まってから退職するのをおすすめします。

この記事では、退職するまで3つの流れと退職するときに重要なことを解説していきます。退職するかどうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

退職するまで3つの流れ

(次の転職先が決まっていることが前提で解説していきます。)

退職することが決まりましたら、あなたが円満退職できるのはもちろんのこと、会社の方もあなたの退職を円満に見送れることが何よりも重要です。

円満退社すべき理由は、次の会社へ転職したとしても退職する会社の人との関わりが今後も続くケースがあるからです。

特に同じ業界へ転職するのであれば、退職した後は前職の会社が取引先や協力企業として関わるケースがあります。別の業界への転職であれば、ビジネス面で関わることはほとんどないといっていいでしょう。

円満退社をしないで問題を抱えたまま転職してしまうと、ビジネス面・気持ちの面において前職との取引を円滑に進めることができません。

特別な理由がない限り、今流行りの退職代行に依頼するのはNGです。少なからず今までお世話になった企業となるので、退職手続きは他人に依頼しないでしっかり自分自身で退職手続きを行ってください。

退職するまで3つの流れは以下となります。

  1. 退職交渉をする
  2. 退職届を提出する
  3. 退職の手続きをする

退職手続きを一人で進めるのは不安という方は転職エージェントを活用してみてください。

まずは転職のプロである転職エージェントに相談してから転職活動をして、企業から内定を獲得して、退職手続きのアドバイスをもらいながら円満退職するのが最も効率的でおすすめです。

①退職交渉をする

退職交渉をするのは退職日の1ヶ月~2ヶ月前くらいが一般的です。有給休暇が残っていて、全て有給休暇を使いたいのであれば早めに退職交渉をしてください。

まずは直属の上司に「お話があるので、本日の何時からお時間よろしいでしょうか?」とアポイントを取ります。

退職の意思を伝える際には「退職を考えています。」ではなく、「退職します。」と言い切ることが大切です。

言いづらい気持ちはすごくわかりますが、あなたの退職の意思が曖昧になってしまうと、上司から強く引き留めにあってしまうケースがあるからです。

退職するかどうかを悩んでいるのではなく、すでに退職を決意しているんですよといったニュアンスで伝えましょう。退職の意思が上司に伝わったら、上司から人事・部長・役員クラスに話を伝えてくれます。

②退職届を提出する

会社からあなたの退職が認められば、退職届の提出を求められますので誤字脱字なく退職届を提出してください。

退職の意思を伝えたにも関わらず、3日経っても上司から何も連絡がない場合は、「先日お伝えした退職の件ですが、人事・部長・役員の方へお伝えしていただけましたか?」など催促しましょう。

退職の意思を伝えたのであれば、基本的にはスムーズに退職が認められます。

しかし上司から退職の進展・報告がない場合は、会社があなたを辞めさせたくない状況や退職時期を引き伸ばしたい状況となってしまっていることが考えられます。その場合は、あなたから直接人事・部長・役員クラスの責任者へ退職の旨を伝えてください。

③退職の手続きをする

退職手続きは「引き継ぎ」と「退職のご挨拶」が主な業務です。

あなたが担当している業務の次の担当者へ、引き継ぎをしっかりしておかないと、退職した後に「あの件、どうでしたっけ?」と連絡が来てしまうことがあります。

退職したのに、前職の仕事の業務をしたくありませんよね?業務内容を口頭で伝えるだけではなく、文面にして誰がみても理解できるよう残しておきましょう。

退職のご挨拶は、退職する2~3週間前からお世話になった取引先への挨拶と、退職する数日前に取引先と社内に「退職のご挨拶メール」を送ります。

「引き継ぎ」と「退職のご挨拶」を問題なくやっておけば、問題なく退職できます。

  1. 退職交渉をする
  2. 退職届を提出する
  3. 退職の手続きをする

これらが退職するまで3つの流れです。

退職の手続きと転職活動は転職エージェントに相談するのがおすすめ

退職する上で一番大切なことは、あなたが会社を退職した後に次の会社・仕事が決まっているかどうかです。

退職は簡単にできますが、次の転職先が決まっていないと金銭的にもメンタル的にもよくありません。

今の会社を早く退職したい気持ちはとてもわかりますが、次の転職先を決めた上で退職するのをおすすめします。

退職するかどうかを悩んでいるのであれば、転職エージェントのプロである転職エージェントにまずは相談してみるのをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、退職の相談はもちろん転職サポートと円満退社できるように退職の手続きもサポートしてくれるからです。

退職の手続きのアドバイスや求人紹介などサポートが手厚いおすすめの転職エージェントを最後にご紹介しておきます。

『パソナキャリア』

  • サポートが手厚いので初めての転職におすすめ
  • 求人数は業界トップクラス40,000件
  • 退職相談にも親身に相談に乗ってくれる

『リクルートエージェント』

  • 転職支援実績No.1
  • 紹介してもらえる求人数が多い
  • 転職条件・入社日程の交渉も全て代行してくれる

『マイナビジョブ20's』

  • 20代・第二新卒・既卒におすすめの転職エージェント
  • 職種・業種未経験OK求人が半分以上
  • 首都圏・関西・東海の20代向け求人に強い

人気記事

1

当サイト「転職エージェントの教科書」では、転職成功実績者数が多い転職エージェントの特徴や評判・口コミを徹底分析して、おすすめの転職エージェントを目的別にご紹介しています。 転職エージェントはすべて無料 ...

2

「20代で転職を考えているけれども、どの転職エージェントがおすすめなの?本当に転職できるの?」と悩んでいませんか? この記事では、20代向け転職エージェントを解説しているので、あなたの転職目的や年収に ...

3

「30代はどの転職エージェントがおすすめなの?30代だけど本当に転職できるのかなー。」と悩んでいませんか? この記事では、30代におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、30代の転職に転職エー ...

4

「女性のキャリアを一緒に真剣になって考えてくれる転職エージェントはどこなの?」「今後の女性のライフイベントを考慮した上で、キャリア相談できる転職エージェントを知りたい。」と悩んでいませんか? 転職時に ...

-転職エージェント

Copyright© 転職エージェントの教科書 , 2020 All Rights Reserved.